防風通聖散徹底比較

ここで比較する防風通聖散は、効果効能が認められた防風通聖散のみを扱っています。

 漢生爽楽
防風通聖散
生漢煎
防風通聖散
EGタイト
防風通聖散
ナイシトールZ
名前  漢生爽楽
防風通聖散
生漢煎
防風通聖散
EGタイト
防風通聖散
ナイシトールZ
通常価格 7,980円  7,800円 7,960円 6,000円
最安値 3,980円 3,900円 1,960円 6,000円
1日
当たりの
価格
※最安値で
計算
132円 130円 70円 95円
タイプ 顆粒 顆粒 顆粒
効果
実感
◎ ◯ ◯ ◯
総合評価 最高品質5 高品質上位4 高品質 高品質
公式サイト ▶公式 ▶公式 ▶公式 ▶公式

 

1位:漢生爽楽 防風通聖散

漢生爽楽の防風通聖散

  • ポッコリおなかが気になる方
  • 脂肪太りで便秘気味の方
  • 肥満症改善の第一歩を踏み出したい方

漢生爽楽(かんしょうそうらく)の防風通聖散は高品質でコスパの良い防風通聖散です。

漢生爽楽の防風通聖散は、飲みやすい顆粒タイプ。

一番の特徴は、プラス1,000円で「遺伝子検査キット」が付いてくるキャンペーンを行っていること。

実は、人の身体は遺伝子によって、何が原因で太るかが違います。その原因にピンポイントで対応することにより、より効率的に脂肪を落とすことができます。

皮下脂肪や内臓脂肪に悩んでいる方、肥満の方にピッタリの商品です!

悩んでしまう気持ちも分かります。しかし、悩んで立ち止まっているだけでは肥満は解消されません。行動したことは無駄になりません。初回は3,980円で返金保証がついているので、試しに注文してみるにはもってこいの商品です。

成分 キキョウ、サンシン、ビャクジュツ、レンギョウ、カンゾウ、ハッカ、オウゴン、ケイガイ、セッコウ、ボウフウ、ダイオウ、マオウ、トウキ、ショウキョウ、シャクヤク、カッセキ、センキュウ、ボウショウ
※添加物として、乳糖、セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Mgを含有する。
 第二類医薬品
特徴 プラス1,000円で、自分自身の太る原因が分かる遺伝子検査キットがついてくる!

[link_button url=”https://t.felmat.net/fmcl?ak=L1170Z.1.H244079.U26590M” text=”公式サイトはこちら” type=”normal” color=”red”]

2位:生漢煎 防風通聖散

生漢煎の防風通聖散

  • ポッコリおなかが気になる方
  • 便秘を解消してスッキリしたい方
  • 毎日の痛いむくみが気になる方

生漢煎(しょうかんせん)の防風通聖散は、肥満と同時に便秘やむくみを解消したい方に人気の防風通聖散です。

18種類の生薬で腹部の皮下脂肪や内臓脂肪を減らし、肥満だけでなく便秘や肩こり、むくみなどを改善します。

飲みやすい顆粒タイプなので、毎日続けるのも簡単。

漢方薬は、1日分の配合バランスが決められています。1日分丸々使っている漢方薬が「満量処方」半分の量を使っている漢方薬が「1/2処方」と呼ばれます。

生漢煎の防風通聖散は、原生薬を最大27.1g配合した「満量処方」の漢方薬です。

便秘だと1週間程度で効果があらわれることもあり、非常に ので、定期購入すると、毎月2,600円もお得になります。

成分 キキョウ、サンシン、ビャクジュツ、レンギョウ、カンゾウ、ハッカ、オウゴン、ケイガイ、セッコウ、ボウフウ、ダイオウ、マオウ、トウキ、ショウキョウ、シャクヤク、カッセキ、センキュウ、硫酸ナトリウム
※硫酸ナトリウムは芒硝(ボウショウ)のことです。
 第二類医薬品
特徴 納得の満量処方。

[link_button url=”https://t.felmat.net/fmcl?ak=G686G.1.U14548K.U26590M” text=”公式サイトはこちら” type=”normal” color=”red”]

防風通聖散成分比較

防風通聖散に配合される18種類の生薬の配合量を比較しました。

 漢生爽楽
防風通聖散
生漢煎
防風通聖散
EGタイト
防風通聖散
ナイシトールZ
防風(ボウフウ)  0.8g  1.2g  0.8g  1.2g
黄ごん(オウゴン)  1.33g  2.0g  1.33g  2.0g
大黄(ダイオウ)  1.0g  1.5g  1.0g  1.5g
芒硝(ボウショウ)  1.0g  1.5g  1.0g  1.5g
麻黄(マオウ)  0.8g  1.2g  0.8g  1.2g
石膏(セッコウ)  1.33g  2.0g  1.33g  2.0g
白朮(ビャクジュツ)  1.33g  2.0g  1.33g  2.0g
荊芥(ケイガイ)  0.8g  1.2g  0.8g  1.2g
連翹(レンギョウ)  0.8g  1.2g  0.8g  1.2g
桔梗(キキョウ)  1.33g 2.0g  1.33g  2.0g
山梔子(サンシシ)  0.8g 1.2g  0.8g  1.2g
芍薬(シャクヤク)  0.8g 1.2g  0.8g  1.2g
当帰(トウキ)  0.8g 1.2g  0.8g  1.2g
川きゅう(センキュウ)  0.8g 1.2g  0.8g  1.2g
薄荷(ハッカ)  0.8g 1.2g  0.8g  1.2g
滑石(カッセキ)   2.0g 3.0g  2.0g  3.0g
生姜(ショウキョウ)  0.27g 0.3g  0.27g  0.3g
甘草(カンゾウ)  1.33g 2.0g  1.33g  2.0g

 

肥満の定義

国際的に用いられている肥満を調べる方法に、BMI判定があります。

BMI = 体重kg ÷ (身長m×身長m)

によって表され、例えば身長158cmで体重52kgの場合だと、

52kg ÷ 1.58 × 1.58 = 約20.8

となります。

判定は、

  • 20~23:標準体重
  • 24~25:やや太り気味
  • 26以上:肥満

です。

肥満とメタボリック症候群は、判定方法が異なります。

メタボリック症候群の自己判定

メタボリック症候群の判断基準は、

  • ウエストが85cm以上の男性
  • ウエストが90cm以上の女性

に加え、

血圧が上130以上、下85以上

空腹時の血糖値が110以上

中性脂肪値が150以上、またはHDL(善玉)コレステロール値が40未満

の2つ以上があてはまる場合、メタボリック症候群の可能性があります。

メタボリック症候群は、内臓脂肪タイプの肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち、2つ以上を併せ持つ状態です。

メタボリック症候群になると、動脈硬化や心臓病、脳卒中などになる危険が増えるため、早急に対策が必要です。

皮下脂肪と内臓脂肪

肥満とは、簡単にいうと脂肪が身体に過剰に蓄積された状態のことです。

肥満には、皮下脂肪が多いタイプの肥満と、内臓脂肪が多いタイプの2種類があり、とくに気をつけなければいけないのが、内臓脂肪タイプの肥満です。

最近、ベルトがきつくなった。スカートが入らなくなったと、お腹まわりが気になる場合は内臓脂肪タイプの肥満である可能性があります。

肥満は放っておくと悪化する

肥満症は、消費カロリーが足りていないことが原因です。

摂取カロリーに比べ、運動や基礎代謝などの消費カロリーが足りていないと、消費できなかった栄養素が脂肪となり、肥満や便秘をひきおこします。

基礎代謝は加齢とともに減少するため、放っておくと、どんどん肥満になっていきます。

肥満解消には、代謝を高めて脂肪を燃焼させることが大切。この余分な脂肪を分解・燃焼・排出促進するのが、防風通聖散に含まれる成分です。

なぜ肥満に防風通聖散が良いのか

防風通聖散とは、

  • 防風(ボウフウ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 芒硝(ボウショウ)
  • 麻黄(マオウ)
  • 石膏(セッコウ)
  • 白朮(ビャクジュツ)
  • 荊芥(ケイガイ)
  • 連翹(レンギョウ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 山梔子(サンシシ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 当帰(トウキ)
  • 川きゅう(センキュウ)
  • 薄荷(ハッカ)
  • 滑石(カッセキ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 甘草(カンゾウ)

を調合してつくられる漢方薬です。それぞれの働きをみていきましょう。

・血のめぐりを良くして血の代謝を高める
川きゅう、芍薬、当帰

・発汗を促して、体表の水の代謝を高める
生姜、暴風、薄荷、荊芥、麻黄

・排膿効果により、ふきでものなどを除く
連翹、桔梗

・利水して、むくみを除く
麻黄、白朮、滑石

・便通を改善する
甘草、大黄、芒硝

・清熱効果により、胃腸や皮膚の炎症を除く
連翹、滑石、山梔子、黄ごん、石膏、大黄、芒硝

これらの効果が相乗的に合わさることで、体内の血流や水分のめぐりを良くすることで便秘を解消し、新陳代謝を活発にすることにより脂肪を排泄させます。

防風通聖散は、便秘解消や脂肪排出促進の他に、高血圧、湿疹、むくみ、糖尿病などにも応用されています。

防風通聖散はコレステロール値を整える

防風通聖散はコレステロール値を整えます。

コレステロールと聞くと、体に悪そうなイメージがありませんか?コレステロールの摂りすぎに注意、といったことは聞いたことがあるのではないでしょうか。

もちろん、摂りすぎると体に悪いのは確かなのですが、全く摂らないのも問題があることを知っていますか?どちらに偏りすぎても体に良くないコレステロールですが、偏ってしまったときのそれぞれの影響と、健康に良いとされる適切なコレステロール値はどれくらいなのでしょうか。順番に見ていきましょう

  1. コレステロールの働き
  2. 善玉コレステロールと悪玉コレステロール
  3. 適切なコレステロール値

コレステロールの働き

コレステロールとは人間の体にとって必要不可欠な脂質の一種です。そして、その働きは細胞膜や副腎皮質ホルモン、性ホルモン、脂肪の消化吸収を助ける消化液である胆汁酸の材料となることです。

このように体に必要なコレステロールですが、1日に必要な量である1~2gのうち7割が肝臓など体内で合成されて、残り3割を食事によって摂っています。体に必要な成分なだけあって、体内で7割もの量が作られているのですね。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールには、善玉(HDLコレステロール)と悪玉(LDLコレステロール)があるのを知っていますか?聞いたことがある人もいるかもしれません。

コレステロールは脂質のため、水分、つまり血液に溶けることはありません。そのため体中に行き渡らせるために、たんぱく質と結びつき、包まれた状態で血液中を流れていくのです。このたんぱく質に包まれた状態を「リポたんぱく質」といいます。このリポたんぱく質の大きさと重さによって、HDLとLDLといったように呼び名が変わるのです。

比重の大きいものがHDLと呼ばれ、小さいものがLDLと呼ばれます。HDLは全身から余ったコレステロールを回収して、肝臓へと戻す働きがあり、LDLは肝臓から全身にコレステロールを運ぶ働きがあります。

善玉、悪玉と呼び名は異なるものですが、どちらもコレステロールであり、呼び名のイメージに関わらず体にとって必要なものなのです。

適切なコレステロール値は

コレステロール値が高すぎても低すぎても、健康にはよくありません。コレステロール値が高すぎる場合、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

逆に低すぎる場合も、免疫力の低下を引き起こし、病気にかかりやすい体になってしまう恐れもあります。

それでは、適切なコレステロール値というのはどれくらいなのでしょう。そこで目安になるのがLH比です。LH比は「LDLの値÷HDLの値」で示される比率のことをいいます。

LH比は1.5以下が健康な状態とされ、2.5以上ともなると血栓ができている可能性もあり、心筋梗塞の恐れがあるとされます。

総コレステロールの基準値は150mg/dl-199mg/dl 、境界域が200mg/dl-219mg/dl となっています。

例えば、総コレステロール値が基準値とされる180mg/dl で、LDLが120mg/dl 、HDLが60mg/dl だった場合、「120÷60=2」となりLH比は2.0となります。この2.0という値は、コレステロールの蓄積があり動脈硬化が疑われるレベルとなります。

総コレステロール値だけで見ると基準値で問題なさそうですが、LH比を見てみると動脈硬化が疑われていることがわかります。総コレステロール値だけで判断はせずに、LH比を注意することによって、自分の体の状態を詳しく知ることができます。

コレステロールは体に必要不可欠なものであり、多すぎても少なすぎても健康にはよくありません。また、基準値とされる総コレステロール値でも安心はできず、LDLの値とHDLの値から示されるLH比も重要です。

防風通聖散にはコレステロールを整える働きがあります。

基準値とされる総コレステロール値を維持しつつ、LH比を1.5以下にすることが健康な体づくりに繋がります。

脂肪燃焼と防風通聖散

近年、様々なダイエットブームが訪れてはすぐに忘れ去られていきます。
どんなに簡単に痩せそうに思えるダイエットでも、続かない人が多いということです。たとえ一度?せたとしても、リバウンドしてしまっては意味がありません。
何よりも大切なのは、太りにくい体を作ることです。

そこで、脂肪を燃焼させる方法として、防風通聖散をおすすめします。

もちろん、代謝量そのものを増やすことも効果的です。

基礎代謝とは?

基礎代謝とは、簡単に言うと、何もしなくても消費されていくカロリーのことです。
本当に何もせずにじっとして横になっているだけでも、心臓は動いているし、呼吸だってしていますよね。これが基礎代謝です。
もしこの基礎代謝が増えたとしたら、それまでと同じように生活するだけでも、消費カロリーが増えていくわけです。
つまり、それだけ痩せやすい体になるということです。
よく食事制限、特に炭水化物などを取らずに野菜や果物を多くとるようなダイエットが紹介されることがあります。
あれは摂取カロリーは減るのですが、肉などを取る量を減らすことで、基礎代謝にとって大切な筋肉量まで減ってしまうことになります。
その結果基礎代謝が下がり、脂肪の燃焼しにくい体になってしまうのです。

基礎代謝を上げるには?

先にもお話したように、基礎代謝には筋肉量が大きく関わってきます。
基礎代謝のうち四割ほどは筋肉が消費すると言われています。つまり、筋肉量をあげるのが最も手っ取り早く基礎代謝をあげる方法と言えるでしょう。
しかし、そもそも運動するのが苦手、時間がないなどの理由でダイエットに失敗してしまった方も多いと思われます。
そこで、簡単に手っ取り早く脂肪の燃焼を促進し基礎代謝をあげるため、食事の質を変えることをおすすめします。
食事の質を変えると言っても、食事制限をするわけではありません。普段の食事に加えて、基礎代謝をあげる食品を取るだけでいいのです。
基礎代謝をあげる食品にも様々なものがありますが、脂肪を燃焼させやすくする、体を温める食品を選ぶと、他の食材とも合わせやすいため簡単です。
少し辛いと感じる食べ物には代謝をあげるものが多いです。例えば、しょうが、ねぎ、とうがらし、にんにくなどです。
これらの食品は色々な料理に合いますし、普段の料理に少しこれらの食品を加えるだけで、基礎代謝はあがっていくでしょう。

基礎代謝を上げるメリットは?

脂肪を燃焼させるダイエットというと、中にはあまり健康に良いとは思えないようなハードなものもあります。
しかしながら、基礎代謝をあげ脂肪を燃焼させる方法は、健康にも非常に良い効果があります。

基礎代謝が上がることで基礎体温もあがるため、病気に対しての免疫力が上がります。
女性には冷え性が多いと言われていますが、基礎代謝が上がると冷え性も改善されます。血行が良くなるため、足のむくみなども改善されるでしょう。新陳代謝も活発になるため、肌や髪に美容効果が期待できるのも嬉しいですね。

極端なダイエットだと痩せすぎてしまう危険やリバウンドの可能性がありますが、基礎代謝をあげるダイエットは、脂肪の燃焼自体を高めるため、リバウンドすることはありません。痩せすぎてしまうこともなく、自分の体を適切な体形に留めてくれます。

脂肪を燃焼して健康的な体を作りたいなら、基礎代謝をあげるのが一番効果的です。

今すぐ5キロ痩せたい! とにかく痩せて痩せて細くなりたい! と思っている方には、基礎代謝を上げるダイエットはおすすめできません。

しかし、考えてみてください。「今すぐ痩せたい」「とにかく痩せたい」は、自分の健康のことを無視して行うダイエットではありませんか?
手軽にできること。継続して続けられること。健康であること。ダイエットには、それが何より大切です。

基礎代謝を上げる方法なら、余分な脂肪のみを燃焼させることができ、体を健康な状態に保つことが出来ます。

自分の体のことを考えてダイエットしたいなら、基礎代謝を上げる防風通聖散が一番あなたの助けになるでしょう。