脂肪を燃焼させるために、ランニングをするのが良いです。防風通聖散も組み合わせることで、効率はアップします。
ただランニングをするだけでも、運動になり脂肪を燃焼させることはできますが、どのくらいランニングすれば脂肪を燃焼できるか説明します。
基本的にはランニングで脂肪を燃焼させるには20分後から脂肪が燃焼し始めます。

防風通聖散を飲んでからランキング

防風通聖散をのみ、20分以上はランニングをする必要があります。
では「なぜ20分以上ランニングする必要があるのかというと、まず最初の20分間のランニングでは、血液のエネルギーを使います。
もちろん毎日20分だけランニングすることでもいままで運動をしていなかった人であれば多少の効果は得られます。
ただもう少しランニングすることで更なる脂肪の燃焼の効果があります。
また20分後のランニングでは、血液のエネルギーではなく、ここでようやく脂肪を燃焼させてエネルギーにして使います。
ですので20分以上はランニングをすると脂肪は燃焼をしてくれるので、いままで以上の効果に期待ができます。
またいくら20分後のランニングで脂肪が燃焼してくれるとは言え、ものすごく長い時間をランニングすれば早く脂肪が燃焼して、早く痩せるということではありません。
それでは体を壊してしまうので、長くても40分で充分と言われています。
私個人的には30分ランニングして頂ければその日は充分だと思っています。

筋トレとランニング

ここで更なる脂肪の燃焼をさせるための一工夫をすることで、効果を上げる方法があります。
その方法とは、ランニングをする前に筋トレをする方法です。

ランニングをする前に筋肉を刺激することで、体が脂肪を燃焼しやすい状態になります。
そのため、ランニングをする前には、筋トレをしましょう。

またただ筋トレをするのではなく必ずスクワットをするようにしてください。
なぜスクワットを取り入れて頂きたい理由は、足の太ももに大きい筋肉がついているからです。

沢山の筋肉が付いているところを刺激できるのがスクワットになります。
バランスよく腕立て、腹筋、スクワットをするのが良いでしょう。

また筋トレをするまえに、菓子パンを食べてから、筋トレをしてランニングすると脂肪が燃焼しやすくなります。
メカニズムとしては、菓子パンを食べることで、糖分を取ることで、脂肪を燃焼しやすい体にして、さらに筋トレをして筋肉を刺激することで、更なる脂肪が燃焼しやすい状態になり、30分ランニングをしてください。

毎日これを続けると、一か月もしないうちに効果が現れてきます。

いつも運動してランニングしているのになかなか体系が変わらないという方に非常にお勧めです。
またなかなか毎日はできないと思いますが、2日に一回はランニングをして、ある程度(3か月位は)続けて見てください。
かなり効果が出てきます。

更に効果のあがる方法がもう一つあり、ランニングしているときに体を大きく動かすことで効果が上がります。
基本的には腕をしっかり振ってランニングをする方法です。
効果が良くなる方法、この3つを取り入れることで、同じ時間ランニングを敷いていても脂肪の燃焼には大きく変わりますので皆さんもこの方法を使ってみてください。